丸満産業/地域資源を最大限活用した新商品 木のコサージュ

こんにちは!ひむかビズスタッフのくろきです🌲

日向市で木材・建設資材販売を営んでいる 有限会社 丸満産業 の石田さんがお越しになられました。

以前より、杉の加工中にでるかんな屑の活用を考えていらっしゃいまいたが、日向市地域雇用創造協議会と開発し、制作を就労継続支援B型事業所めだかハウス日向に依頼し、杉のコサージュが出来上がっていました。
杉の木は耳川流域のもの。廃棄するのにも費用がかかってしまうところ、地域資源を無駄なく活用したあたたかみのあるコサージュは、早速市内で執り行れた式典に記章として使用されていました✨

今回はこのコサージュが木で制作されていることなどのセールスポイントをまとめながら、商品化に向けての流れをディスカッションしました。
石田さんは就労支援事業の賃金アップに繋げたり、SDGsも積極的に取り入れてていきたいとさらに作戦を練っています!
引き続き、木のコサージュの商品化・販路拡大の応援をサポートします🚩!

早速、ご相談いただいた数日後の新聞で発見👀!

2021年2月11日 夕刊デイリー