f-Bizにきて早1か月。富士山も雪化粧!

こんにちは! f-Bizでの研修がスタートして、1か月が経ちました。その間、目まぐるしくいろいろなことを小出センター長や、一緒に研修しているFuku-Bizセンター長の高村さんから学ばせていただいています。

コスプレしてオーボエを吹く「よねち」

コスプレしてオーボエを吹く「よねち」

 

例えば、全国の自治体から視察にこられる方々への小出さんのセミナーを拝聴したり、OKa-Biz、Seki-Bizを訪れて、それぞれのセンター長とディスカッションしたり。また、f-Bizで応援している、オーボエでアニソンを演奏するコスプレオーボエ奏者の「よねち」のプロモーションビデオを撮って、同日にプレス対応を行ったり、2日の1枚のペースでニュースリリースを書いたりと、とにかく毎日が完全燃焼です。

 

そんな1か月を過ごして、はっきりと自覚したことを1つ。

 

それは、これから地方創生、地域おこしに取り組ませていただく私にとって「弟子入りした先が小出センター長で良かった!」ということ。f-Bizモデルを徹底的に学ばせていただいている今は、これ以上ない恵まれた環境です。私にこのような機会を与えてくださった全ての皆様に感謝し、恩返ししなければと覚悟しました。

その理由は、小出センター長がヤフー個人に書かれている記事を読めば、理解していただけると思います。「地方創生」成功のカギは“f-Bizモデルが握っている”と、私は今確信しています。

■小出センター長のヤフー個人の記事

http://bylines.news.yahoo.co.jp/koidemuneaki/

 

そんなf-Bizモデルを学んでいるのは、私たちBizファミリーだけではありません。f-Bizには全国の金融機関からも研修生が訪れます。

私より2週間先にf-Bizでの研修をスタートさせた福井銀行の高原潤弥さんは、「銀行が融資を決める、決めないはどこで判断するの?」「フィンテックで日本の金融業がどう変わるの?」「知的財産についても事業性を評価して融資をする狙いは?」など、質問ばかりする私にいつも分かりやすく教えてくださいます。

牛ホルモン5種を持つ26歳の高原さん

牛ホルモン5種を持つ26歳の高原さん

そんな高原さんと、今日は焼肉に行ってきました! 手に持っているのは高原さんが大好物の牛ホルモン。食事しながら研修1か月を振り返りました。

明日からは4日間、一時的に日向市に帰り、センター開設に向けて準備を進めます。

久しぶりに日向市の皆さんとお会いするのが楽しみです!

 

 

ひむか-Bizセンター長

長友慎治